FAIL (the browser should render some flash content, not this).

留学までの流れ

ISC オーストラリア留学サポートセンターが

オーストラリア留学サポートセンターがあなたの留学計画を無料でお手伝い

ISCは「留学」に関する全般の業務を行っています。教育機関(語学学校・専門学校・小学校から大学院まで)についての紹介や入学手続き代行、ホームステイ・バックパッカー紹介、ビザ申請のお手伝い、翻訳・通訳サービスなど、ありとあらゆるサービスを行っています。経験豊富なスタッフが皆様の質問にお答えします。日本からのお問い合わせは、お気軽にメールでどうぞ。情報提供、各種学校入学手続き ( 中学・高校は除く)はすべて無料です。
留学を考えている方!今すぐご連絡下さい。 お問い合わせはこちらへ。

留学準備の手順

オーストラリア生活情報へはこちら

1. どのタイプの学校へ入学したいか決めよう

留学計画

「何の為にオーストラリアへ行くのか」「なぜ英語を勉強したいのか」「将来、この経験をどういかしたいのか」など、目的を明確にすることが第一です。周りに流されて気が付いたら、日本人とばかり接してしまい英語が伸びなかった、という事態は避けたいですね。予算、期間、留学開始時期など事前にしっかりと計画を立てましょう。

語学学校への入学を考えている方へ

オーストラリアにはたくさんの語学コースがあるので、コース選びに迷うことがあります。まずは自分が何のために語学学校に通いたいのか留学の目的を明確にしましょう。

中・高校・専門学校・大学・大学院への入学を考えている方へ

オーストラリアでどのような分野で勉強したいのか、はっきりとした自己目標を持つ事が大切になります。将来どのような職業に就きたいのか、学校で勉強した事を将来どのように生かしたいのか、自分の興味のある分野はどれなのか、などを考慮した上でどのタイプの学校へ行くか選ぶ必要があります。またこれらの学校へ入学する場合、入学条件として語学テストの結果を提出する必要がありますので IELTS 、 TOEFL 、 ISLPR などの英語能力判断テストを先に受けて自分の語学力をチェックする事をお勧めします。

Topへ

2. 自分の留学計画に合わせて学校選び

入学したいタイプのコース・就学期間・留学予算が決まったら次は学校選び。
iSC 留学サポートセンターにお問い合わせください。

−学校選びのチェックポイント−

* 学びたい内容はそのプログラム・レベルで大丈夫?
* コース開始時期は自分の留学予定時期と合ってる?
* 調達できる資金で行ける?
* 滞在先の環境は自分の希望と合ってる?
* 学校の規模・施設は自分の希望と合ってる?

Topへ

3. 学校決定の後は出願準備

iSC 留学サポートセンターでは 、無料で語学学校・専門学校・TAFE などの入学手続きをお手伝いしています。手続きは簡単です。ISCから送られてくる申し込み書に記入するだけです。 まずはメールでお問い合わせください。 手続きに関するご案内をステップ バイ ステップで分かり易くご案内します。

Topへ

4. パスポートの取得

日本を出入国する際には、必ずパスポートが必要になります。申請手続きは、各都道府県の旅券窓口で行っています。詳しくは、外務省旅券課ウェブサイトhttp://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/をご覧下さい。

Topへ

5. 入学受付書が発行されたら学費のお支払い

希望の学校から入学受付が発行されたら学費の支払いをします。ご希望の学校指定の銀行口座またはISC指定の銀行口座へ送金、あるいは学校指定のクレジットカード支払い用紙に記入するだけでOKです。その後、学校側から入学許可書が発行されます。 iSC が学校に直接連絡をとり入金確認、入学許可書の発行依頼を代行します。

Topへ

6. 海外留学生保険( OSHC ) 加入

学生ビザを取得する場合は、必ず OSHC ( Overseas Student Health Cover )と呼ばれる、海外留学生保険に入ることが義務付けられています。これは、殆どの学校が手続をしてくれますので、費用は学費と一緒に学校へ支払います。 保険料など詳しい金額は iSC がご案内します。

Topへ

7. 入学許可書が発行されたらビザを申請しよう  ( 健康診断 )

希望の学校から入学許可書が発行されたら、各種ビザの申請をしますが殆どの場合インターネットを使っての申請になります。学生ビザ申請には健康診断が必要です。 iSC が申請フォームについての質問にお答えします。

短期留学(3ヶ月以内)の場合: ワーキングホリデー / 観光

ワーキングホリデービザの場合、12ヶ月間有効ですが、その中で4ヶ月間の就学が可能です。 ビザ無効後、オーストラリアで学生ビザに切り替える事が可能です。 観光ビザの場合、3ヶ月間のみ就学が可能です。ビザ無効後、オーストラリアで学生ビザに切り替える事が可能です。

長期留学(3ヶ月以上)の場合: 学生ビザのみ

学生ビザは入学許可書に書かれた期間+1 ヶ月の滞在が許可されます。仕事をするには、就労許可Work Permission  を申請する必要があります。これは、移民局のウェブサイトを通して申請します(申請費用$ 60 クレジットカードで支払い)。許可が出れば、オーストラリアで週 20 時間まで働くことが可能です。学生ビザを延長する際、現在のコースの 80 %以上の出席率がないと難しくなりますので、気をつけましょう。学生ビザはオーストラリアで申請することができますので、観光ビザで渡豪し、英語の勉強をしながら学校を探し、それから学生ビザを申請という方法も可能です。

−学生ビザ申請に必要なものー

  • パスポート
  • 入学許可証
  • 身体検査(レントゲンを含む)結果
  • 残高証明書(提出を要求された場合のみ)
Topへ

8. オーストラリアでの滞在タイプを決めよう

初めて留学をする大半の方は、ホームステイをしながら 1 ヶ月ほど現地で英語を勉強し、その後友達とシェアなどで家を借りて生活をしています。 iSC では、ホームステイやシェアなどを紹介しています。

日本からでもホームステイ・バックパッカーのご紹介が可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ホームステイ

現地の一般家庭に家族の一員として滞在するタイプ。毎日の生活を通じて英会話のレベルアップをはかりたい方、文化交流に興味のある方などにお勧め。通常平日は2食付・週末は3食付一人部屋(光熱費込み)$190〜。

レントハウス

自分で不動産屋に行って家を借りることです。「週$○○」というシステムで、基本的にボンドといわれる敷金を4週間分と、最初の 2 週間分の家賃を支払います。このボンドは、借家を出るときに返金されます。 値段は、ブリスベンで週$200 〜$300 です。

フラット(アパート)

フラットを借りて一人暮らしすることも出来ます。しかし、日本にある1DK もしくは1LDK のアパートは少なく、オーストラリアでは2部屋(2 LDK )が通常のアパートタイプになります。その分、家賃も割高になります。また契約は6ヶ月以上が対象になり、敷金(家賃の4週間分)と2週間分の家賃を先に支払う必要があります。

シェアハウス

地元の人達や留学生との共同生活タイプ。3、4部屋ある一軒家や2部屋あるフラットをシェアし、家賃や光熱費を分担するので生活費を安く抑える事ができます。フラットのシェアで相場は$90〜。自炊が基本になります。

バックパッカー

オーストラリアへ到着後、どこに住むか決めたいという方にはバックパッカーがお勧め。相部屋(4人)だと1週間$140〜(部屋代のみ)、ブリスベン市内の中心街にあるのでどこへ行くにも都合がよく、短期間で様々な情報収集が出来ます。

Topへ

9. 空港から滞在先への送迎の申し込みをしておこう

iSC ではブリスベン国際空港から滞在先への送迎サービスを行っています。ご希望の方は、早めにご連絡ください。

Topへ

10. 渡航

航空チケット、国際免許証、常備薬・メガネやコンタクトレンズの予備準備も忘れずに。

Topへ