FAIL (the browser should render some flash content, not this).

シンガポール情報

シンガポール

日本人に求められるスキル ビザ情報 生活情報


シンガポール就職
就職までの過程

日本人に求められるスキル

ビジネスで通用するレベルの英語力

職場では、日本人スタッフと現地スタッフとのコミュニケーションの橋渡しをする場合が多く、 現地採用の日本人にバイリンガルを求めている企業が大半です。またクライアントと英語で交渉ができるレベルであればなお有利です。目安として、TOEIC 700 点以上。

金融、貿易、営業、 IT 関連など専門性の高い経歴や知識

各種エンジニア、ハイテクや電子工学系の技術者、コンピュータや半導体関連の求人が増えています。何かしら自分に自信がある分野を身につけ、さらに磨きをかける努力を怠らないことをお勧めします。将来的には、現在よりもさらに専門性の高い人材の雇用機会が拡大されると考えられます。

シンガポール

日本人向けの求人はこんな分野

★ 日系製造業、商社、 IT 、サービス業関連
★ 専門的な能力、知識のある技術者(電子/電気/プラスチック成型・金型、 IT 等)
★ メーカーや専門商社での営業
★ 営業事務
★ サービス(コールセンター、飲食店、旅行会社等)などサービス業関連
★ その他

Topへ

ビザ情報

以下の種類があり、収入や学歴によって分けられます。

シンガポール就職

P Pass

専門職、管理職、企業家や投資家など月収が S$3500 以上の方に発給されるパスになります。 S$3,500 以上〜S$7,000 以下の月収の方は P2 パス、S$7,000 以上は P1 パスになります。

Q1 Pass

原則として 4 年制大学の資格、または専門的な資格や技術を有し、月収がS$2500 以上の方のパスになります。

S Pass

学歴、技術、勤務経験年数などのポイント制で、月収S$1,800 以上の方に発給されるパスです。
高専や短大卒の方で、特定の技術・技能、専門知識があり、職歴が長いなど専門職の方はこのパスを受給します。

ビザ申請に必要な書類

1.Employment Pass 申請書
2.英文履歴書
3.証明写真( 3 ヶ月以内に撮影したパスポートサイズの顔写真)
4.最終学歴卒業・修了証明書(英文)
5.最終学歴成績証明書(英文)
6.パスポートのコピー
7.健康診断書( HIV 検査や肺のレントゲンなど) - 会社指定もしくは最寄りのクリニックで EP 取得のための健康診断( HIV 検査や肺のレントゲンなど)を受けます。発行までに、通常 3 日〜 1 週間かかります。

Topへ

生活情報

(SD=シンガポールドル。1シンガポールドル=81円  2007 年 7 月 5 日現在)

シンガポール夜景

住宅

シンガポールの住宅は、コンドミニアム、 HDB (シンガポール国民の 8 割が住んでいる公共団地) 、一軒家に大きく分けられます。シンガポールに住む外国人の多くは、コンドミニアムか HDB の独立した 1 ユニットを借りるか、ルームシェア(間借り)をしています。

交通

地下鉄(通称 MRT )・バスが国民の足となっています。地下鉄の運賃は S$1 前後、バスも 80 セントからと安価です。また、タクシーの初乗り(最初の 1km )料金は、 S$2.40 で、日本と比較すると非常に利用しやすい額です。住む場所や勤務地にもよりますが、通勤にかかる交通費は 1 カ月 S$50 〜 80 程度と考えれば妥当でしょう。

医療

シンガポールの医療水準は非常に高く、安心して診療治療を受けられる現地の病院が多くあります。総合病院の医療設備に関しても非常に充実しているので、医療の質については心配ないと言えるでしょう。 通常、企業の福利厚生として社員に保険がかけられるので、事故、入院等はある程度保障されています。

治安

大都会としては めずらしく、夜間の一人歩きもできるほど治安がよい国です。ほとんどの場所で英語が通じるので、外国人にとっては住みやすい都市として世界に名が通っています。

シンガポールのお金

物価

基本的な生活費(交通費・光熱費・ローカルフード等)は比較的安く、生活しやすいといえます。物価上昇もアジア諸国の中では安定しています。

現地にて就職したある日本人女性の1 ヶ月の収支

収入 SGD 3,000
家賃 SGD 1,000
通信費 (電話料金等) SGD 50
交通費 SGD 100
食費 SGD 600

Topへ